忍者ブログ
『なんがでっきょんな』とは 讃岐弁でこんにちは、もしくは何をしてるのって意味です。 引き続きぼーっとしながらつれづれなるままに行こうと思います。
  ★ 最新コメント
[03/25 こずえ]
[03/20 KAME.]
[03/12 福ちゃん]
[03/08 こずえ]
[03/02 福ちゃん]
★ カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
★ ブログ内検索
★ プロフィール
HN:
川西こずえ
性別:
女性
趣味:
裁縫・着物
自己紹介:
舞台やったりしてます。
裏方(主に演出助手)もやったりしてます。
手がすくと編物を始めますww
最近やまぐちたろうさんにはまってます。
★ バーコード
★ フリーエリア
★ カウンター
★ 忍者アド
★ FX NEWS

-外国為替-
★ 
[1] [2]
★2017/10/21 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★2009/04/21 (Tue)
お気に入りの椿柄の着物を着込んで行ってきました


今回のチケットは知人が行けなくなったからと譲ってくれたのです。
何でも倍率は40倍だったそうで
きみちゃんありがとう


さて、こんぴら歌舞伎のある琴平まではコトデンっていうローカル線で50分
地元駅に着いたら丁度電車が来てて駅員さんが私を見るなり
『琴平ですか?切符買ってたら間に合わないから車内で精算するといいよ』
と、そのまま乗せてくれました。(着物だから一目で分かるらしい)
なので久しぶりに車内で精算。
↓こんなのもらいます。


蛇足ですが、帰りの切符も。
駅員さんに切符切ってもらうのも久し振り


早めに着いたので金比羅さんを100段目まで上がったってきました。
流石に着物であの階段を登るのはキツいのでそこで折り返しました。
途中でお店のおばちゃんに着付け100点満点って誉められちゃった
スッゴい嬉かったぁ。

あとあと、人懐っこいねこちゃんとも戯れました


話が外れて来たので戻します

金丸座は初めて来たけどキャパの割に舞台が近く感じられる小屋でした。
年期が入っていて趣があって良し☆


入口では団扇と木札を配ってくれました。


私が見たのは第二部(3時40分開演)
演目は沼津、闇梅百物語
大きく云うと前者は演技メイン、後者は演舞も含めたエンターテイメント…みたいな感じ?

沼津は
最初笑いもありつつ、けれども悲劇で終わる。
歌舞伎は初めてだったので大振りな動きに圧倒されたけど慣れると逆に分かりやすくて面白かった。
けど、お父ちゃん死にかけてる横でなが~い口上を述べるのはどうかと…
死んじゃうよ?ww

百物語はスッゴいキレイでした。
姫様方のしなやかさ、身のこなし…
ため息が出るくらい美しかったです。
衣装も素敵だった
あと、傘一本足おばけが出てくるのですが、ずっと片足なの。
しかも下駄裏の歯が1本で高さがあるヤツ。
それでウロウロ、あっち向いてこっち向いて。
最後は飛んじゃうし。


お土産で饅頭詰め合わせとうどんもらいました。



良い経験になりました
PR
★2009/04/14 (Tue)
行ってきました☆

劇場でこんなに純粋に笑えたのは久しぶり
ネタはパントマイムの定番(エスカレーターとか)から小芝居までいろいろありました。

客を掴むのがうまい。
気がつけば客席全体が一つになってるっていうか。
一緒になって騒いじゃいました。

ゲラな私は笑いすぎて邪魔にならないよう気をつけるんですが
今日はそんな心配一切無し
思いっきり笑わせてもらいました。

ただ、制作サイドがちょっと残念でした
扉係の人が度々出入りして
やる気なく壁に寄りかかったりしてるし
(客電ついてるから丸見え?)
劇場側のスタッフなのかもしれないけどクオリティが下がることはやめてほしいな

でもでも、あんなに気持ちよくスタンディングしたのは初めてでした。
が~まるちょば、とっても素敵なショーを見せてもらいました
★2009/03/15 (Sun)
テレビで懐かしい映画を見た。

「12人の優しい日本人」

元々は三谷幸喜氏が舞台脚本として書いた作品
洋画「12人の怒れる男」を元にし、
12人の陪審員が“有罪か無罪かを話し合う”
という内容の作品だ。

養成所時代にこの映画は見たし、台本も読んだ。
その頃から面白い作品だと思っていたが
今だからこそ見えてくるものがたくさんあった。

マスターがパフェやお酒に逃避せざる負えない気持ち
鼻血出る程興奮させられる瞬間…
人間の滑稽さが要所毎に見えてくる。

親が引く程大爆笑しちゃったww

ただ、面白いだけに欲も出てくるもので
もっとここで出て欲しかった、とか
ここは間いらないだろう、とか思ってしまう。
これが私の性なのか…

まとめると、
この作品はオススメってことで
★2009/03/08 (Sun)
行って来ましたょグリング。

とっても心地良い空間☆
小気味よいテンポが私のツボにはまった♪
繊細でかつ心が振れる面白い舞台
上京した甲斐あった(≧▽≦)
まだ席もあるそうなのでお時間ある方は是非青山円形行ってみてください。

その後は劇場で偶然会ったほんだぱんと一緒にウインナーコーヒーを飲み、
吉祥寺でまた別の方とバーで一杯。
↓りばいぶでお世話になったかずさんですww


して、その後はタカヒロさんのライブをみてきました。
ツインドラムなんですよ。
バックに音流して二人でドラムを叩いてました。
改めてドラムって凄いなぁと。
楽しかったぁ♪

して、お泊りするユウキのお父さんにお蕎麦ごちそうになっちゃいました(^▽^)
つまみも美味しくて幸せな時間♪♪

予定立てずに来たのに2日間でいろんな人に会っちゃった
体調良くないから不安だったけど
逆に沢山元気もらっちゃった
★2008/11/23 (Sun)
栗がうまい。


止まらない。


栗食べたのは久しぶりだけど
やっぱりうまいねぇ。

たまに虫さんがいたりなんかするけど、
美味しい証拠


夜は久しぶりの地元で舞台を観てきました。
樋口一葉の“にごりえ”を舞台化したもの。
舞台装置がおもしろくて、校庭にある地球儀なんですょ。
ただ、いかんせん場慣れしてないので芝居が途切れてしまうのがもったいなかった…。
でもでも、香川にもこういう芝居を出来る人達がいるって分かってうれしかった。

そんな今日このごろ。
忍者ブログ★ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao